蝸牛のステップ

2016年8月30日ブログ

http://onazimaimai.cocolog-nifty.com/nature/

スポンサーリンク

岡山の古民家に移住し、自然農法を目指す

このブログは、岡山の7200坪の土地が付いた古民家を購入し、自然農法により自給自足的生活を目指すことを目的としています。

筆者の故郷は名古屋のようで、移住前は中国にいたという記録が少しだけあります。そこらへんの詳細な記述は無いですが…。
今のところ住んでいる古民家の記述もほとんど無いし、どのような経緯で購入したかの記述もありません。
やはりメインは自然農法のことのようです。

ブログタイトルの由来は、「良い事は蝸牛の速度で進む」というガンジーの言葉からのようです。
たまに社会的な問題に対しても言及しており、景気についてとかは個人的に好きな記事です。

インターネット月額7500円で開通し、トイレ自然浸透式となっています。(改修もあり)
竹林が多いからその処理にも使うのか、時計型薪ストーブやロケットストーブウッドガスストーブなどのようなストーブへの言及もなされています。
敷地内の竹林の処分に困っているためか、家庭用チッパーを導入し、砕いた竹を土に混ぜるなどして処理しておられるようです。

高齢化が進んだ集落の中で生活しておられるようなので、よく集落の草刈りなどに呼び出されていますが、ブログを読んでいると頻繁に葬式が発生しているのでその人口減少スピードに驚いてしまいます。
筆者の近所付き合いは、概ね良好な印象を受けます。

現金収入としては近くでアルバイトをしていたりもありますが、注目するべきところは各種野草や葉っぱを利用した茶葉を作り、ヤフオクなどで販売していることでしょう。
びわの葉、スギナ、柿の葉、松葉竹の葉カラスノエンドウを採取して乾燥させたものを販売していますが、どれも貴重なものではありません。
それでも生産が追い付かない時があるほど売れるらしいので、田舎暮らしの仕事においては大きな示唆になることでしょう。
他には茶葉を粉末にしてパックに詰めてみたりなんかもあり、なかなか参入余地がありそうな業界に見えます。

 

自然農法の記録

福岡正信の自然農法による自給自足が出来る家庭菜園作りを目指しておられるようで、、日々の作業記録と作物の成長度合いを多く残してくれています。

雑草の混ざる家庭菜園となっていますが、他の所謂「雑草」が乾燥や虫害の予防になるようですね。
栽培にチャレンジしたものとしては、野菜や穀物に関してはこの記事果樹やベリー類はこの記事にまとめられています。
その中では特に、さつまいもの枯草栽培が面白いものですね。この方法はそれなりに成功したようで、筆者なりにまとめた考察記事もあります。

他にはいろんな種類のマルチに関するまとめ農地を手に入れるために筆者が作成した営農計画書の例をダウンロードできる記事が載っているなど、有用な記事は多くあります。

畑での栽培だけの自給自足だけではないようで、養蜂鶏の飼育を行ったり、採集にもチャレンジしています。
と言っても鶏の飼育はイタチ?に食われたりして前途多難なようですが…。

0