ぽつんと小屋でひとり

2014年11月9日ブログ

[browser-shot url="http://maikoya.blog.fc2.com/" width="600" height="400"]

http://maikoya.blog.fc2.com/

 

目次

 

スポンサーリンク

・写真とさくさく読める小気味良い文章と構成

 


・狭い土地を買って小屋を建てて、自給自足気味に生活

 

・悲壮感の無い、気張らず朗らかなブログ

 

 

写真とさくさく読める小気味良い文章と構成

とある若い(?)男性が、千葉県のある空き地と小屋のキットを購入してセルフビルドし、低収入・低支出で暮らすというブログです。

記事は写真が多く、たまに動画もあったりして、案外ユーザビリティがしっかりしているような気がしますw(しっかりしているような人ではないのにね!)
個人的にあまり好きじゃない、改行しまくりな文章も無いし。
内容は「やってみよう!」という活力と、謙虚さが滲み出ていて好印象です。

記事にはコメントも多く、指摘されたり教えられたことを次の記事で筆者が実践していたりするなど、ブログを読んでいる人と上手く交流出来ているようです。
こういう、教えられ、楽しませるような関係は個人的に好きなのだ!

 

土地を買って小屋を建てて、自給自足気味に生活

一番最初の記事に載っていますが、

“土地は千葉某所、都心まで原付で2時間ほどのところです。
ネットで発見、登記料金込みで30坪65万円。
小屋は、こちらもネットのパネルハウスを買いました。
塗装・運賃込みで40万。組み立ては天候に恵まれず1週間かかったよ!
お高いですが、北海道から松製でしっかりしてて気に入ってます。広さは四畳半。”

とのことで、小屋の組み立て方や土地の買い方などはあまり詳しく載っていないのですが、金額等に関しては良い情報です。
他にも年金諸々に関する記事もあり、かなり参考になります。
こういう風にお金のことをぶっちゃけてくれるブログも少ないですからね。

電気は電力会社に引いてもらったようで、ちゃん毎月電気料金を支払っているようです。
生まれたときから電気があった生活を営んでいる人には、電気の引き方などわかるまい!(私のことですが)

調理のためにロケットストーブを作成しています。
普通のかまどとあまり変わらないような気がしますが…でも問題無いようです。

ブログ前半ではスーパーで上水を汲んできて生活していたようですが、何と後半では井戸を掘って自家水道を開通しています!(その記事)
これはすごい…!
流石に作業は業者にやってもらったようですが、井戸掘り方法としては結構原始的なものなので、予想ではそこまでお金はかかっていない気がします。
レンタルを駆使すれば自分でも出来そう…いや面倒そうだな。
しかし、一発でよく成功したものですな。地形オタクの私には、この土地の周辺の地形図を見てみたいです。
水と地形の関係は個人的に大変興味があるのです!

 

悲壮感の無い、気張らず朗らかなブログ

学校や職場で嫌なことがあって、追われるようにしてこの生活を始めた…というのではなくて
「働きたくないから働かな~い」という感じで、何だか気楽に生活しています。
(本当はもっと哲学的なことを考えているかもしれないけど、そういうことは書いてない)

そういうわけでこのブログを読んでいると、「何だか楽しそうだなあ!」と思えて、自分もそういう生活をしてみたくなります。
そういう魅力がこのブログにはあります。
人に言われたことや世間の風潮に流されて何かをやるよりも、自分から「やってみよう」という気持ちで何かを為すことのほうが、はるかに楽しいものです。

筆者はこの小屋暮らしで社会的意味を主張したり、他人をこの生活に巻き込もうとすることもありません。
ですのでその生活に自分で制限をかけることもありません。
例えば、適当にバイトしてみたり、小屋にこもってフリゲしてみたり。
家庭菜園もやってみようと思えば、ゴミをあさったり。
やりたいようにやり、生きる。そういう生活は意外に難しいものですが、筆者は実現しているようなので尊敬します。

 

とある記事にこういうことを書いています。

僕が空地で小屋生活をしているのは「首都圏で家賃を払わず安く暮らしたい」+「1人きりが好き」という理由で、自然回帰する訳じゃありません。

というわけで、この小屋暮らしは筆者なりに自由と理想を追い求めた記録を書いただけのブログです。
しかしその結果として、日本国内に新たな自由な生活があることを、知らず知らずに証明しているのかもしれません。

2